トゲクリガニの美味しさに夢中♪日本酒が進む濃厚なカニ味噌はまさに絶品

毎日、忙しくなかなか思う様に休暇が取れない私は、有給が貯まっていました。祖母が住んでいるということもあり、1週間の有給を利用して父と二人で青森県へ旅行に行きました。

天気にも恵まれたので、三内丸山遺跡や東北三大祭りの一つで、青森を象徴する青森ねぶた祭りを知る事が出来る「ねぶたの家 ワ・ラッセ」などの観光を楽しみました。一番の楽しみである夜ご飯を食べる場所を探すため、青森港を散策していると店前にカニの幟がある飲食店を見つけ、雰囲気も良さそうだったので店に入ってみる事にしました。

青森県でトゲクリガニを実食!毛ガニよりも甘い身と磯の風味が食欲そそる

生ビールとホヤ貝を頂き、注文したカニ料理を待つ事に。次に提供されたのが、トゲクリガニでした。聞いた事がなかったトゲクリガニでしたが、見た目は普段見かける「毛ガニ」風です。大きさは毛ガニよりも少し小さな印象を受けました。

毛ガニはもともと好きでしたが、身をほぐしながら初めてトゲクリガニを食べてみました。濃厚な美味しさが一瞬で口の中に広がり、虜になりました。味は少し繊細で、毛ガニより甘みを感じます。ほど良く茹でたトゲクリガニは磯の風味が食欲をそそり、濃厚なカニ味噌がたまらなく美味しいくて、父とのお酒も進みました。

貴重な内子の醤油漬、トゲクリガニとの美味しい出会いに大満足

お店のオススメで、甲羅をおちょこがわりに使って青森産の酒を色々と頂きました。甲羅酒は、どの地酒にもよく合いました。初めに頂いたトゲクリガニはオスでしたが、毛ガニより濃厚な美味しさに惹かれ、メスも注文する事にしました。

取り出した貴重なトゲクリガニの内子を水で洗い、醤油に浸し数日で食べ頃になる内子の醤油漬けを頂く事ができました。醤油漬けは内子独特の磯の香りが嫌いな方でも、癖がないので召し上がれると思います。カニ好きの私達にはたまらない一品でした。

大いにトゲクリガニを楽しんだ締めは、ウニかにみそ雑炊を頂きました。飲み過ぎた体を温めてくれ、ウニとかみにそ以外は入れてなく薄味で優しく美味しい雑炊でした。

美味しいトゲクリガニを頂けた青森への旅行は、心も体もリフレッシュできました。旬の食材で四季を感じられ、産地で捕れた旬なカニを頂いて、旬の食材を頂く事の大切さを再発見しました。休暇を有効的に使って、今まで食べた事のない全国の美味しいカニや、地元のカニ料理を堪能できる様、また仕事に励みたいと思います。